〒599-8123
堺市東区北野田 1084
ベルヒル北野田 2F
TEL:072-235-8880
HOME
医院概要
診察案内
予約案内
交通案内




  村上小児科クリニックのホームページへようこそ

当クリニックでは、心のこもった医療を実践し、お母様、お父様の信頼と安心を得ることを目指しています。 クリニックの様子

お知らせ

肺炎球菌ワクチンが13価に

11月1日以降、肺炎球菌ワクチンがすべて13価ワクチンに変わります。今までの7価ワクチンに比し、血清型が6種類ふえます。7価でされていたお子さんは、その続きを13価ですることになります。
[ 2013年10月29日 ]

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチンはこの4月から定期接種になりました。最近副反応のことがマスコミの話題となり、厚生労働省が調査を開始しました。当クリニックでは副反応は誰もでていませんが、1-2万人に1人の副反応が出るようです。厚生労働省の副反応についての見解が出るまで、とりあえず3ヶ月前後、はじめてワクチンをされる方は待っていただきたいと思います。今までされていて、2-3回目の方は予定通りさせていただきます。
[ 2013年05月18日 ]

不活化ポリオワクチン9月から開始

9月からポリオの不活化ワクチンが開始されました。病院、診療所での個別接種になります。ポリオ生ワクチンを2回既に受けている場合は不活化ワクチンは必要ありません。計4回接種するのですが、1-3回目の予約の受け付けを開始していますので、電話又は受付窓口で問い合わせて下さい。三種混合とポリオがいっしょになった四種混合ワクチンが11月はじめに発売されました。このワクチンは三種、ポリオともに受けたことの無いお子さんが対象です。このワクチンの予約も受けつけていましたが、ワクチン不足のため、一時できなくなっていましたが、ワクチンが入るようになり、再開しています。予約については問い合わせて下さい。
[ 2013年05月01日 ]

ヒブワクチンの追加接種

ヒブワクチンの追加は、以前は概ね1年の間隔をあけて接種することになっていました。しかし、現在は7〜13ヶ月の間に追加接種することになっています。この変更の目的は、ヒブによる細菌性髄膜炎の好発年齢である1歳早期での感染防御をより確実にするためと思われます。追加接種まで1年の間隔を置くと、抗体が低下し、約10%で感染の危険性があることを意味します。初回接種完了後、半年以上あけて、1歳になればなるべく早く追加接種を受けましょう。
[ 2013年01月29日 ]

ロタウイルスワクチン添付文書改定

2011.11/21にロタウイルス胃腸炎予防ワクチン(商品名ロタリックス)が発売されました。ロタウイルス胃腸炎は3歳未満、特に1歳前後の小児が罹患すると重症になることも多く、入院率の高い感染症です。一般的にノロウイルスに比し、熱が高く、嘔吐下痢もひどいため、脱水になりやすく、点滴治療を要することも多いです。又、脳炎を合併することもあります。発展途上国では腸炎のなかで死亡率の高い病気です。
ワクチンは生後6週から24週の間に4週以上の間隔をあけて2回します。内服するワクチンです。残念ながら、公費ではなくて自費ですが、当院では12000円/回ですので、2回で24000円必要です。ヒブや三種混合ワクチンと同時接種も可能です。BCGの前に2回終了しておくのが、いいかと思います。ロタウイルスワクチンの接種(内服)を希望される方は受付に来られるか、電話でお問い合わせ下さい。
2012年春から初回接種を14週6日(生後3ヶ月半)までにするのが標準となりました。従って原則としてBCGの前に1回、又は2回受けることになります。(2回目はBCG後になってもいいです。)
[ 2012年12月25日 ]

日本脳炎ワクチン接種の年齢制限解除

5年前の平成17年から21年5月までほぼ4年間日本脳炎ワクチンは、事実上接種できませんでした。
いままで3−7歳半、9-12歳11ヶ月までの接種でしたが、今後は3-20歳までワクチンができるようになりました。1期は3歳から、2期も9歳からするのがよいと思います。詳細は受付、またはお電話でおきき下さい
[ 2011年05月27日 ]

アクセス
〒599-8123 大阪府堺市東区北野田1084 ベルヒル北野田2F
TEL:072-235-8880




  Copyright (C) 村上小児科クリニック. All Rights Reserved.