村上小児科クリニック

【お知らせ】
◇9/30の月曜日からインフルエンザワクチンの受付を始めます。窓口又は電話で申し込んで下さい。10/19から毎週土曜日の午後にします。残念ながら、お母様はできません。原則として1歳以上の当院のかかりつけのお子様(ワクチン以外に、何らかの疾患で受診されたお子様)のみです。保育所通園中のお子様は希望あれば、生後10ヶ月前後でもします。
消費税が上がるため、昨年よりも、少しですが、インフルエンザワクチンの値段があがります。詳細は、またお尋ね下さい。
◇インフルエンザワクチンが今年も9月末までに何本入荷するか未定です。10月はじめにはいるかどうかもはっきりしません。10月19日(土)からワクチンを開始したいと思いますが、ワクチンの数が十分あるかどうかはっきりしませんので、まだ予約の受付ができない状態です。ワクチンの入荷のめどがつきましたら、又お知らせします。
◇去年、夏から、0歳児のワクチンを木曜日の午前の診察後予約制でしています。
診察時間内にお電話で、予約してください。
◇日本脳炎ワクチンが生後6ケ月をすぎていれば、3歳未満でも受けられるようになりました。
診察時間内にお電話いただきお問合せ、予約してください。
◇今年の10月からB型肝炎ワクチンが公費になります。ただし、28年4月1日以降に生まれた0歳のお子さんだけです。ワクチンは3回接種しますが、1回目、2回目は4週あけてしますが、3回目は1回目から5ヶ月近く開けてします。
小さいときに肝炎にかかると、キャリアー(一生ウイルスが体にいる状態)になりやすいといわれてます。肝炎は血液だけでなく、唾液や尿からも感染します。諸外国では以前から定期接種になっています。
◇5年前の平成17年から21年5月までほぼ4年間日本脳炎ワクチンは、事実上接種できませんでした。
今まで3−7歳半、9-12歳11ヶ月までの接種でしたが、今後は、3-7歳半、9-19歳11ヶ月まで公費でできるようになりました。1期は3歳から、2期も9歳からするのがよいと思います。平成19年4月1日までに生まれた方は13歳以上も公費でできます。詳細は受付、またはお電話でおきき下さい
◇子宮頸がんワクチンはこ2013年4月から定期接種になりました。2013年から副反応のことがマスコミの話題となり、厚生労働省が調査を開始しました。当クリニックでは副反応は誰もでていませんが、1-2万人に1人の副反応が出るようです。厚生労働省の副反応についての見解が出るまで、当分の間ワクチンをされる方は待っていただきたいと思います。
◇去年10月から水痘ワクチンが公費で接種できるようになりました。対象は1歳以上-3歳未満のお子さんです。間隔を3か月以上あけて、2回接種します(通常2回目は1歳後半から2歳前まで。)
土曜日の午後に隔週で水痘ワクチンもできますので、電話で予約をお願いします。接種当日は必ず母子手帳を持参ください。

<ご来院時のお願い>
ご来院前に予約システムにて順番を確認してからご来院いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

・ごあいさつ
・診療時間のご案内
・交通のご案内
☆予約がいっぱいで、できなかった場合でも直接クリニックへお越しください。
・診察予約のご案内
・予約をする
堺市東区北野田1084 ベルヒル北野田 2F
電話:072-235-8880